デスクトップ壁紙スタイルのシンプルな写真館。北海道の自然系写真がメインです
タイトル〜壁紙写真館『いつだって一期一会』 ページ更新日:2008年06月21日
(Sorry. The Japanese language only.)
ホーム>ごあいさつ
ごあいさつ

デスクトップ壁紙スタイルの写真館、壁紙写真館「いつだって一期一会」にようこそいらっしゃいました。私は、当館の雑用係兼館長を務めております「冬とんぼ」と申します。まだまだ発展途上の当館におきましては、大したおもてなしをすることもできませんが、どうぞお時間の許す限り、ごゆっくりとおくつろぎください。

写真とは?

写真とは、無限に広がる空間の一部分を切り取って、なおかつその中に一瞬の時間を閉じ込めようとする「人間の儚い願望の現れ」ではないでしょうか。考えようによってはとても畏れ多い、神への冒涜ともとれる行いなのかもしれません(ちょっと大袈裟ですね)。

でも、”現実の世界では止められない時間”を、写真の中では止めることができます。切り取られ、固定化(あるいは凍結)された時間と空間は、その瞬間から自由な独り歩きを始め、現実世界の束縛から解き放たれます。そして5年後、10年後の未来にインクの色が微かに色あせても輝きを失わず、私達の記憶を呼び覚ます永遠の”視覚の鍵”であり続けることでしょう。

いつだって一期一会

そして出会いは「いつだって一期一会」です。今日出会った小鳥も花も風景も、明日の出会いは全くの別物。たとえ同じ個体であっても、この世の中の全てのものは一秒たりとも同じではありません。今、一瞬のシャッターチャンスは二度と再び訪れないのです。でも、だからと言って、そんなに深く悲しむ必要はありません。日々新しい新鮮なシャッターチャンスが、両手を広げていつも私達を待ち続けているのですから。

そして私達の毎日もまた、同じようにいつも新しい一期一会の繰り返しではないでしょうか。職場の同僚や学校の同級生、毎日顔を合わせる家族でさえも、昨日と今日では決して同じではありません。日頃感じていたわだかまりや不満も、何かのきっかけでふと晴れることもあるはずです。逆に良好だった人間関係が、わずか一瞬で崩れ去るかもしれません。

大切なのはひとつひとつの瞬間(今)を大切にし続けること。そして最後まで希望を捨てないこと。日々生まれたての新しいシャッターチャンスが、今もこうしてあなたのことを待ち続けているのですから。

それでは、よろしければトップページのメイン・メニューから、それぞれの壁紙のカテゴリーにお進みください。はなはだ未熟な作品ではございますが、みなさんのパソコンのデスクトップ画面に彩りを添える、ほんの微力な清涼剤にでもなれば幸いです。


ページ先頭へ ページ先頭へ

inserted by FC2 system